ホームセンター バイト 体験談

ホームセンターの体験談6|母が花好きだったので・・・

私は専門学生の頃
家の近所にあるホームセンターでバイトをしていました。

 

そこには、同世代の女の子がたくさんいて
すぐに皆と仲良くなれました。

 

専門学校に通っていたのはわたしだけで、
他の子は大学生だったり
パートとして働いている子もいました。

 

長期間の休みになると、学校に行かないので、
それだけ長くバイトに行けるようになります。

 

だから私長期の休みのバイトが好きでした。

 

長く働けばそれだけお給料をもらえるので
バイトのあとに友達とご飯を食べに行って遅く帰ってきても
次の日のことを考えなくて済みますからね。

 

バイトの仲間の大学生も同じようなことを言っていて
会うたびにその話をしていました。

 

また、春休みの期間は花がたくさん入荷します。

 

私は従業員割引のカードを持っていたので、
よくそれを使って色んな花を購入していました。

 

母が花が好きだったので
いつも花を買って帰ると、凄く喜んでくれました。

 

 

楽しく仕事ができました

 

ホームセンターで棚卸のバイトをしていました。
時給は800円ですが、深夜になると上がります。

 

ホームセンターの閉店時間が22時で、それを目処に棚卸作業を開始します。
バイト人数は相当いました。

 

社員の方もいましたが、以前に本屋のアルバイトをしていたことがあり
その時とは規模が違い過ぎました。

 

かなりの数の商品数ですので
店内にある商品の在庫を数えていく作業をひたすら行います。

 

作業自体は本当にシンプルなものなので、難しいことは何もありませんが
閉店後は冷房が切れるので、夏の時期だったこともありクソ暑い中での作業でした。

 

二人一組で作業をしますが、一緒にやっていた人も
汗ダラダラになりながらで持ってきたハンカチでは
足らないくらい汗をかきながらの作業になりました。

 

ただ、ホームセンターって、色々な種類の商品があるので
楽しくできるところがいいですね。
「こんな商品もあるんだ!」という発見もかなりありましたよ。